新築一戸建てを購入した際に私が譲れなかったこと

私が新築一戸建てを購入する際、出産を控えていたので、子どもの小学校や中学校の学区を重視しました。
自分自身が育った地域や、その周辺で、治安などがある程度わかっている場所で子育てをしたいと思ったからです。
また、夫は公共交通機関(特に電車)へのアクセスが気になっていたようで、徒歩15分圏内に絞って探していました。
2沿線利用可能な場所で家を建てたので、今とても便利に暮らしています。

同じ市内でも学区に関しては大きく異なるので、事前のリサーチが必要かと思いネットで口コミ検索はしました。
また、近くに新しいマンションが多いかなども調べて、これから子育て世代が増える地域なのか、減る地域なのかなどは不動産会社の担当さんにもお聞きしました。
小中学校は私立を考えていませんので、家を建てたらその校区の学校へ行くしかなく、後から変えることもできないために慎重になっていたかもしれません。
待機児童の多い地域ということはネックでしたが、逆に幼稚園は入りやすくなっているようで安心しています。

どんなにこだわっても、後から不満はいくつか出てくるものだと思います。我が家は地域や住みやすさなどにこだわって土地探しをしました。次に住宅そのものの住み心地です。

間取りや住宅設備などを自由に決めることができる注文住宅が理想的だと思いました。地元の工務店で建築条件付きの土地を購入したため、注文住宅で新築一戸建てを購入することになり、自分たちの希望が形になったと思います。住み始めてみて満足しています。

絶対に譲れないポイントを、夫婦または家族で話し合っておくことが大事だと思います。

 

PR|| お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|SEOアクセスアップ相互リンク集|住宅リフォーム総合情報|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com